医療事務の仕事内容や横浜の求人場所の状況について|Medical House
HOME>ホットトピックス>医療事務の仕事内容や横浜の求人場所の状況について

人気の事務職です

医療事務の仕事の基本は、受付業務から始まります。来院した患者さんから保険証の提示を求めたり診察券を預かったりします。また初めて来院する患者さんに対しては、問診票の記入をお願いします。保険証や問診票に記載されている情報から患者のカルテ作成を行い、患者さんには待合室で待ってもらうことになります。更には診察の終わった患者さんの会計業務を行います。その後診療報酬請求にかかわる仕事が待っているのですが、レセプトと呼ばれる形式を用いて明細を作成するものです。今、横浜の病院やクリニックではこの医療事務の求人が多くなっています。

人を助ける仕事場でもある

横浜の病院やクリニックで求人が多くなっている医療事務の仕事ですが、仕事は事務だけに終わらないと知っておきましょう。開院前には院内の清掃が待っています。病院は清潔でなければいけませんので、不潔な印象を与えないためにもめにも常に整理整頓が必要です。また掲示物などが、汚れていないか・破れていないか・曲がって付いていないかなどの確認も大事になります。事務の仕事をしている時でも、待合室にいる患者さんに気配りが大切になります。いつもと違って元気がない、顔色が悪いといった人には十分な注意をしておき、万が一の時には即対応が出来るようにすることも必要になってくるのです。

職場のイメージが良いこと

病院で仕事をする医療事務に人気が集まっており、横浜市内では多くの求人がみられます。決して給料は良くないと言われるのですが、応募する人は毎年増えていると言われます。医療機関で働くことは人に良いことをするイメージが強くありますし、清潔感溢れる職場が良いのでしょう。病院で働くことは、人を助けることに繋がります。そのため働き甲斐があると感じる人も多いのでしょう。看護師同様に、患者さんが元気になることを望む仕事と言って良いでしょう。

主婦バイトには最適な環境

医療事務資格は、学歴を問わず誰もが取得可能となっていることも人気の秘訣です。横浜の病院での求人は多くなっていることもあり、資格を持つことで有利になる場合があります。病院やクリニックでの医療事務は仕事時間がキッチリとしていることもあり、家庭の主婦のバイトには最適なものとなっています。

広告募集中